2016
01.01
h_history

HISTORY

HISTORY

1887 岩田志ま(初代)により綿の艶つけ業として個人創業
業者・岩田志ま
1906 岩田利一(先々代)に受け継がれた「艶利」と称して尾州地区において「尾州縞」の艶付業を創め好評を博した
1931 毛織物染色整理加工に発展し、三星染整合名会社を設立
1948 p1
梳毛紡績工場として、三星毛糸株式会社を設立
1956 p2
濃尾大橋完成を機に羽島市工場誘致により岐阜三星染整株式会社を設立
1960 毛織物染色整理業、岐阜三星染整株式会社操業開始
1961 三星染整合名会社を三星染整株式会社に社名変更
1966 紳士服(イージーオーダー)工場として、株式会社サンスタジオを設立
1968 p3
皇太子殿下、美智子妃殿下(当時)より三星毛糸に御行幸賜る
1974 合成樹脂着色加工業として、三星ケミカル株式会社を設立
1992 岐阜三星染整株式会社の業務を三星染整株式会社に移管する
1999 ウールの工房博物館「テキスタイル館」を開設
2005 p4
三星グループ業務全般を羽島市に集約する
2012 三星毛糸、プルミエール・ビジョン・パリへ出展
2015 自社ブランド「MITSUBOSHI1887」を東京・パリにて発表
2015 アップサイクルブランド「mikketa」を開始
2015 三星毛糸、エルメネジルド・ゼニア「メイド・イン・ジャパン・プロジェクト」に選出